TOP  > PC TOOL


Windows向けソフトを公開しています
現在はVariArtのみ公開中です。


VariArt

VariArtは画像やテキスト(文字)をパーツとし、複数重ね合わせることで絵を作成できるグラフィックソフトです。

【特徴】
・パーツ(画像や文字)を移動・拡大縮小・回転させて絵を描ける
・パーツカラーを変更可能
・アルファ(透明度)付き画像の入力・出力に対応。
・自作の画像ファイル(.bmp、.jpg、.png)もパーツとして使用可能。
・簡単な3D図形も表示可能。
・アニメーション画像を作れるようになりました。New!




最新版をダウンロード    

Vectorさんからダウンロード もできます。
※更新のタイミングによっては、最新版とバージョンが異なる場合があるのでご注意ください。



 オンラインマニュアル Ver2.1.0

 旧バージョンのダウンロード


【予定しているアップデート】(2015/06/19)
 ・位置データを出力する機能
  →画像ではなく数値だけ出力し、外部ソフトやプログラムで使えるようにしようと思ってます

 ・パーティクルのような画像、アニメーションを作る機能

 ・3Dモデル読み込みをOBJファイルに対応
  →時期未定

 ・3D関連のアンチエイリアスを有効にする機能
  →画面が正しく表示されなくなる不具合があったので保留中
   GPUの設定でアンチエイリアスを強制できたりするので、さほど必要ないかもしれません


 ※要望も受け付けています。
  ご意見等を頂けたら嬉しいです。    


【更新履歴】
 2015/07/08 Ver2.1.1:共通:2Dパーツで反転機能を使用するとパーツが表示されない不具合を修正

 2015/06/18 Ver2.1.0:共通:3Dパーツ選択時にXZ座標の補助線を表示する機能を追加
                       メイン画面:アニメ画面表示中はメイン画面を非表示にするよう修正
                       メイン画面:不透明度を変更した時の処理を改善
                       メイン画面:「画面引き伸ばし」使用時のマウス操作がおかしかった不具合を修正
                       アニメ画面:シンプルアニメの種類を追加し、パーツタイプによって選択欄が変わるように変更
                       アニメ画面:位置指定をキャンバス画面から指定する機能を追加
                       アニメ画面:一時停止中にパラメータを変更できてしまう不具合を修正
                       アニメ画面:項目名、シンプルアニメの名称を変更
                       アニメ画面:誤字修正

 2015/04/21 Ver2.0.0:アニメーション画像作成機能を追加
                       スプライトアニメーション画像、GIFアニメ画像出力機能を追加
                       3Dパーツで画像ファイルを読み込む機能を追加
                       利用規約にわかりにくい部分があったため修正

 2015/02/03 Ver1.3.3:パーツ削除時のメモリ開放が不十分だったのを改善
                       パーツ名称、3Dファイル名に半角カンマを入力できてしまう不具合を修正

 2015/01/27 Ver1.3.1:カラー変更してフィルタを「Linear」にすると、画像の端が黒ずんでしまうのを改善
                      対称機能を使って画像出力をすると画像が正しく出力されなくなっていた不具合を修正
                      アルファ値上書き、減算、加算処理が正しく表示されない不具合を修正
                      画像読み込み処理を改善

 2015/01/10 Ver1.3.0:Xファイル(3Dモデル)読込機能を追加
                       アルファ値を上書き、減算、加算するマスク機能を追加
                       細かい不具合を修正

 2014/11/11 Ver1.2.0:3D図形表示機能を追加
                       サブ画面表示機能を追加
                       画面レイアウトをちょっと変更
                       フォントを一度選択すると2回目以降のフォント項目が減る不具合を修正
                       データ読み込み時にエラーが発生することがある不具合を修正
                       データ追加読み込み機能を削除
                       メモリの開放が不十分だったのを改善

 2014/10/2  Ver1.1.1:色の合成がおかしかった不具合を改善(完全には解消していない)

 2014/10/1  Ver1.1.0:キャンバスを左右対称、上下対称して表示する機能を追加
                       パーツを左右反転、上下反転して表示する機能を追加

 2014/9/13  Ver1.0.2:設定ファイルの構成をwindows標準に変更
                       フォルダ設定のパスを相対パスに変更
                       その他細かいバグを修正

 2014/9/10  ver1.0.1:データファイル拡張子を「.vrt」に変更
                       データバージョンを保存するように変更

 2014/9/8   ver1.0.0:初版として公開